ほのぼの日和


本家本元http://meipono.michikusa.jp/
by OurRoads
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
月経トラブル月経前症候群..
from 月経トラブル月経前症候群を学ぼう
ダイエット情報!アフィリ..
from あるあるダイエット@商品紹介隊
突撃!隣のブログ・TV出..
from 突撃!隣のブログ・TV出演可..
突撃!隣のブログ
from 突撃!隣のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:雑談( 1 )


女性必見

c0089019_1321259.jpg今日は私がきれいになるために!そして皆さんがきれいになるために綺麗になりたい女性必見!





女性ホルモンを利用してキレイになろう


正常に女性ホルモンが分泌されていますか?


女性ホルモンとは女性特有の体つきや体のリズムをつかさどるホルモン。脳下垂体から刺激ホルモンが分泌され、それが卵巣に働いて、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2つの女性ホルモンを分泌させます。

卵胞ホルモンが働いているかどうかは、25日から35日周期で月経(出血)があるかどうかでわかります。ここでいう月経とは出血が3日以上8日以内の出血です。出血は1回に50~100㏄。200~300㏄と出血が多いと貧血を起こす場合も。出血しているわけですから、多少の腹痛や腰痛をともないます。

卵胞ホルモンが働かなくなると無月経になります。この無月経には生理的なものと、病的なものの2つに分かれます。

生理的なものとは、「年齢が思春期前で初経が来ていない場合」、「更年期で閉経した場合」、「妊娠した場合」の3つです。病的なものは、今まで月経があったのに、ストレス(戦争、身近な人の死、失恋など)や、過度なダイエット(一カ月に3~4キロ痩せる)で月経がなくなる「続発性」のものと、18歳を過ぎても一度も月経がない「原発性」のものがあります。病的な無月経を放っておくと不妊症になることもあるので、「おかしいな?」と思ったら、必ず病院で検査し、必要な治療を受けましょう。




体も心も女性が輝くのは排卵前


女性特有の丸みを帯びた体型、しっとりとした肌など、すべてが女性ホルモンによってコントロールされています。とくに排卵の前は、子孫繁栄のため、男性を惹きつけようと、卵胞ホルモンが盛んに分泌し、女性としての輝きが増し、華やぐ時期です。

逆に月経前は、妊娠しているかもしれないので、身体を安静にして大切にしようと、黄体ホルモンの分泌が盛んになり、女性特有の輝きや華やかさがやや減少します。黄体ホルモンは妊娠のホルモンで、妊娠した後も妊娠を継続させる働きをします。もしも、妊娠していなければ、分泌を停止して月経を起こします。黄体ホルモンはリセットのホルモンでもあるのです。

どうですか? 人間の身体は実に精巧に作られていると思いませんか? 卵胞ホルモンと黄体ホルモン、どちらも女性にはとても大切なホルモンなのです。

この2つのホルモンが正常に分泌しているかどうかを簡単に調べられるのが「基礎体温」です。そのためには短期間ではなく、長期間基礎体温を計ることが必要です。あなた自身の女性ホルモンのリズムを知って、あなたが輝けるタイミングをつかんで、メリハリのあるハッピーな生活が送ってみては。
[PR]

by OurRoads | 2006-08-25 01:34 | 雑談